老人性包茎ってご存知ですか?

男性は加齢とともに包茎になるおそれがあります。

若い頃は亀頭に包皮がかぶることなく露出していたけれど、歳をとるにつれてお腹がぽっこり出てきてペニスが埋もれてしまうことがあります。

この肥大化した下腹部にペニスが埋もれてした結果、包茎になることを老人性包茎といいます。

また、加齢とともにペニスが委縮してしまい、結果としてペニスが包皮で覆われている状態も高齢者包茎です。

高齢者包茎の特徴

老人性包茎の状態に陥る可能性は大いにあるということ

この老人性包茎の最大の特徴は、元々包茎でなかったとしても老人性包茎の状態に陥る可能性は大いにあるということです。

これは歳を重ねるごとに体力と精力が衰えてしまい下腹部が張り出すのと、陰茎海綿体(=ペニス)の細胞が委縮してしまうことが原因です。

この高齢者包茎は世の中の男性全員が必ず陥る症状ではありませんが、若い頃のライフスタイルや体質、元々のペニスの状態に関係なく誰にでも起こりうる可能性がある症状なのも厄介です。

包茎改善エクササイズでは改善することができない

この老人性包茎は市販の包茎矯正器具やネットで取り上げられている包茎改善エクササイズでは改善することができないという特徴もあります。

なぜなら、包茎矯正器具や包茎改善エクササイズは細胞や血流の活性化によるペニスの肥大化とそれによる包皮からの露出を目的としたものであるため、基礎代謝能力や細胞生成の能力が衰えている高齢での効果はあまり意味を為さないからです。

言い換えるならば、老人性包茎は加齢とともに訪れる症状のため、少しの身体機能の向上だと焼け石に水ということです。

治療するにはクリニックでの手術のみ

なので、「あれ? 最近、ズボンからペニスが取り出しづらいな……」と感じるようになってきたら老人性包茎を疑い、治療をするのなら病院での手術が必要だと思ってください。

老人性包茎の治療を取り扱っているクリニックは少ないです。

事前に口コミサイトや専門クリニック紹介サイトでしっかりと調べてから来診しましょう。